作業員

一般廃棄物を処理する為の豆知識~産廃リサイクルサポート~

一般廃棄物を選別

ワーカー

一般廃棄物を処理する時には様々な方法が用いられています。数ある処理方法の中でも、環境のことを考えているのがRPFです。ゴミを処理するときの二酸化炭素排出量が少ないのも1つの特徴です。

View Detail

産業廃棄物の今

工事現場

一昔前と違い、今はリサイクルが当たり前の時代になりました。回収可能なものはできるだけ回収され、再利用されます。最も身近なリサイクル品といえばたとえば再生紙がありますし、かつてペットボトルだったものが衣服に、という例もあります。そういうことを可能にしているのが、一般廃棄物の処理、産廃選別です。一般廃棄物は、「廃棄」と名前が入っている以上は捨てるものというイメージがありますが、回収された一般廃棄物のうち実際に最終処分場へ廃棄されるのはわずか7%程度です。これは、さまざまな産廃選別の作業により可能となっています。一般廃棄物の処理には三原則があり、それは「廃棄物の安全化、安定化、減量化」です。これを実現するための処理を「中間処理」といい、中間処理を行う場所を中間処理場といいます。一般廃棄物は中間処理場に運ばれ、産廃選別され、焼却、脱水、乾燥、中和、破砕、などの処置を施されます。ここから埋め立て処理や海洋投入などが行われるのですが、近年はより産廃選別に力が入れられるようになり、リサイクル志向へと移り変わっています。このような流れで、産廃選別、処理が行われているのです。こういった現場がある、ということを知っておくと、個人個人のリサイクルへの関心もきっと高まっていくことでしょう。ペットボトルを捨てるときにキャップやパッケージを分別する、など、個人でもできる対策をより多くの人がするようになれば、リサイクルの効果はもっともっと高まっていくはずです。

発電にも利用可能

男性

一般廃棄物を選別する過程で得られる燃料について、もうひとつがバイオガスです。生ごみや家畜の糞などの廃棄物は、分解・発酵処理を行い、肥料にしたり、メタンガスを抽出したりすることができます。

View Detail

廃棄物として出される

女の人

廃棄物として出されるゴミにも様々な種類があり、それぞれ正しい方法で処理していく必要があります。よくがれきで出る代表的なのがコンクリートガラです。それ以外にも産業廃棄物には、古紙や金属くずなどがあります。

View Detail